知っておきたい「うつ病」で傷病手当をもらう時の注意点まとめ

看護師とうつ病
スポンサーリンク

ストレス社会の中で働いていると、誰がいつ「うつ病」を発症するか分かりません。

当然、強いストレスのかかる看護師も例外なくうつ病のリスクを持っています。

特に、知識やスキルも未熟で、さらに人間関係にも一番気をつかう新人看護師は、毎日かなりのストレスを感じているのではないでしょうか?

うつ病になってしまうと、心も体も休養に専念する必要があります。

健康なうちに「もしも、自分がうつ病になったら?」と想像して、もしもの時のために知識を身につけておくことは、とても大切なことです。

この記事では、うつ病で傷病手当をもらう時の注意点をまとめています。

傷病手当の受給条件や申請の手順は、こちらの記事でまとめているので、合わせて読んでみてください。

スポンサーリンク

そもそも「うつ病」で傷病手当は受給できるのか?

結論から言うと、傷病手当の条件さえクリアしていれば、うつ病でも傷病手当の受給は可能です。

太郎さん
太郎さん

よし!社会保険料も払っている、他の傷病手当の受給条件もすべて満たしているから傷病手当がもらえるな。

うつ病などの精神疾患も、特別扱いというわけではなく、メジャーな病気やケガと同じ扱いです。

しかし、うつ病で傷病手当を受給するためには、様々な障害を乗り越えなければいけない場合もあるんです。

「うつ病」で傷病手当を受給する時に注意すべきこと

傷病手当は復職しても最長1年6ヶ月後に受給期間が満了する

傷病手当を受給できる期間は、同一の病気やケガについて、受給を開始した日から最長1年6ヶ月間です。

例えば、うつ病を発症し傷病手当の受給を初めてから1年後に復職、その1年後に再び休職し傷病手当を申請しようと思っても、初めて受給を開始した日から2年経過しているため傷病手当はもらえないということになります。

MIKI
MIKI

実際の受給日数ではないので注意しましょう!

医師の「意見書」には労務不能の具体的な内容を記載してもらう

傷病手当の審査では、医師の「意見書」が審査を左右する大きな指標となっています。

そのため、医師にはできるだけ就労が不可能な理由を具体的に書いてもらうことが必要です。

よくある例として、以下のような記述があります。

  • 労務不能のため、休養を1ヶ月間必要とする。
  • 労務不能だが、症状が緩和している時は就労してもよい。

これでは、紙面上でしか判断できない行政担当者は「本当に労務不能なのか?」と判断に困ってしまいます。

医師に「意見書」を依頼する時は、このように具体的な内容を書いてもらうようにお願いしておきましょう。

骨折した部位が固定するまで安静が必要で、固定後もリハビリが必要であったため、労務不能と判断した。

全国健康保険協会より
MIKI
MIKI

主治医の記載が間違っていたとしても、自分の意見より主治医の記述に重きが置かれるようです。

自分でコントロールしにくい問題ですが、できるだけ注意しましょう。

休みが長期間になる場合は傷病手当の申請を毎月行なう

うつ病を発症すると、最初は「1ヶ月間休みましょう」と診断されても、その後療養期間が長引く場合があります。

傷病手当は数ヶ月分をまとめて申告することができますが、1ヶ月毎の給料を分けて書くことになっています。

そのため、長期間休みが必要になった場合は、1ヶ月単位で給料の締め日ごとに申請することが望ましいでしょう。

毎月申請書をきちんと出せば、信頼も高まり、受給審査の際にも印象がよくなる可能性があります。

事業所が「証明書」を出し渋ることがある事態に備えておく

傷病手当をもらうためには長期間仕事を休む必要があります。

社会人として、事前に職場に病気休養の許可を得ておくことは当たり前ですが、医師から指示された休養期間が3日間以上になる場合は、予め傷病手当について職場と相談しておくと後の事務処理がスムーズに行われるかもしれません。

というのも、事業所が何かと理由をつけて「証明書」を出し渋るケースが稀に起こるからです。

事業所が「証明書」を出さない理由として、以下のような理由が考えられます。

  • 事業所が傷病手当の制度や申請の仕方を知らない
  • 労災が発覚することを恐れている
  • 事業所が社会保険料を過少申告している
  • 私情・私怨

事業所が傷病手当の制度や申請の仕方を知らない

ある程度大きな組織だと、傷病手当の申請に慣れているかもしれませんが、小規模な事業所や個人経営のクリニックなどは傷病手当の制度や申請に不慣れな場合があります。

自分も初めてだと思いますが、全国健康保険協会のホームページを見れば申請の詳しい手順が記載されています。

事業所側と一緒に用紙の記入を進めていくと良いでしょう。

労災が発覚することを恐れている

仕事でのパワハラ・ストレスが原因でうつ病を発症する人は多くいます。

そのような場合、本来は傷病手当でなく労災保険を適用するのが正しいのですが、事業所によっては労災を申請されると困る理由がある場合があります。

  • 手続きが面倒
  • 職場によっては労災の保険料が上がる
  • イメージや評判が落ちることを恐れている
  • 労働基準監督署の監査が入ることを恐れている
  • 労災保険未加入の可能性

傷病手当を申請することで、労災申請を指摘される場合があるため、傷病手当の申請も受け付けない事業所があります。

もし労災適応を疑った場合は、地域を管轄する労働基準監督署に相談すると、労働基準監督署が事業所に対して労災保険の手続きを取るよう指導してくれます。

MIKI
MIKI

ただし、事業所との関係が悪化する可能性があることは覚悟しなければいけません。

事業所が社会保険料を過少申告している

まさか!とは思いますが、会社が社会保険加入者の給料を過少申告して、社会保険料を少なめに支払っていることがあります。

傷病手当を申告すると、実際の給料と保険料が合わず、不正が発覚してしまいます。

もし、怪しいと感じた時は、年金事務所などに相談すると良いそうです。

私情・私怨

会社とのトラブルを抱えている場合などに、私情や私怨で書類の記入を拒否される場合もあるようです。

保険者は、厚生労働省令で定めるところにより、被保険者(日雇特例被保険者であった者を含む。)又は保険給付を受けるべき者に、保険者又は事業主に対して、この法律の施行に必要な申出若しくは届出をさせ、又は文書を提出させることができる。

健康保険法 第百九十七条より

この規定を元に、ダメもとでも保険者(協会けんぽなど)に相談してみても良いかもしれません。

通院と内服はこまめに主治医の指示通りに行う

「退職をする場合傷病手当は出ない」と思い込んではいませんか?

うつ病を発症した人の中には、やむなく退職を迫られる人もいます。

実は、退職しても満期になっていなかったり、まだ申請したことがなければ傷病手当の申請は可能です。

ただし、「傷病手当が出ない→お金がない→病院に行くのを控えよう」となり通院や内服を怠ると、行政から「療養する姿勢がない」と判断される場合があります。

すると、傷病手当の申請で「病気やケガのための労務不能」の要件を満たしていないとして、審査に落ちる可能性があります。

このようにならないために、通院と内服はこまめに行い、主治医の指示をきちんと守りましょう。

まとめ

  • 傷病手当は復職しても最長1年6ヶ月後に受給期間が満了する
  • 医師の「意見書」には労務不能の具体的な内容を記載してもらう
  • 休みが長期間になる場合は傷病手当の申請を毎月行なう
  • 事業所が「証明書」を出し渋ることがある事態に備えておく
  • 通院と内服はこまめに主治医の指示通りに行う

うつ病で傷病手当を受給する時には、以上のことに注意しましょう。

傷病手当の受給には面倒な手続きや、受給条件がありますよね。

「面倒くさい」と思って、受給を諦めてしまう人もいるかもしれません。

しかし、休職中にはお金の心配が尽きません。

「面倒だから・・・」とそのままにせず、分からないことは周囲の人に聞いて、もらえるお金はしっかりともらっておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました