現役保育園看護師が教える!保育園看護師の具体的な仕事とは?

目的別病院の探し方
スポンサーリンク

配属先に小児科を希望する看護師さんは多いですが、子どもが好きで小児科を希望する看護師さんには「保育園で働く」という選択肢もアリかもしれません。

しかし、保育園の看護師に魅力を感じるものの「具体的にはどんな仕事をするんだろう?」「保育園って、保育士さんがメインの職場だよね?」と思っている人もいますよね。

そこでこの記事では、現役保育園看護師の私が、保育園看護師の具体的な仕事内容についてお話しします。

MIKI
MIKI

病院の看護師とは違った面白さがある仕事ですよ!

スポンサーリンク

保育園看護師の具体的な仕事

子どもたち・職員の健康管理

保育園看では、病院の看護師のように既に病気やケガを患っている人に対する「医療的な看護」ではなく、子どもたちや職員が健康を維持するために必要な「予防的な看護」の実践が中心です。

子どもの体調は急に変化するので、1日数回はラウンドし、子どもたちの変化にいち早く気付けるように心がけましょう。

とは言っても、保育園で子どもたちの一番身近にいるのは保育士です。

そのため、積極的に保育士に子どもたちの様子を聞き、変化があれば逐一知らせてもらえるよう普段からコミュニケーションを密にとっておきましょう。

一方、職員の健康管理も保育園看護師の大きな仕事の一つです。

持病や女性特有の疾患など、様々な相談を受けることがあるので、職員の健康に関する知識や女性に多い疾患については、入職した初期のうちからしっかり知識を深めておきましょう。

さらに、保育士も看護師同様、女同士や保護者との人間関係、そして仕事量の多さからストレスが溜まる仕事です。

職員の心のケアも看護師の仕事の一環なので、普段から相談しやすい関係を築けると良いですね。

身体測定の実施や保護者への説明、乳児検診・内科検診の日程調整

子どもの成長、特に乳児から幼児の成長はとても早いです。

そのため、どの園でも身体測定を月1回は実施していると思います。

身体測定の結果から、子どもの隠れた疾患が見つかることもあり、保育園看護の中で重要な仕事と言えるでしょう。

また、小さな数値の変化でも保護者は心配になるものです。

子どもの体調に関する質問は、言い方や態度一つで保護者の信頼を失う場合もあるので、適切な説明やアドバイスができるように備えておきましょう。

さらに、0歳児がいる場合は乳児検診、幼児では内科検診を行うために、保育園と園医との調整係を勤めるのも看護師の仕事です。

保育環境の衛生を保持・指導

子どもは遊びの天才ですが、遊んだ後の片付けや健康を維持するための手洗いうがいなどを教えるのは大人の仕事です。

特に、看護師は保育園の衛生を管理する立場です。

そのため、ラウンド中には保育室や共用部分の隅々にまで目を光らせて、危険なヵ所や不衛生なヵ所がないかチェックしましょう。

できれば看護師が直接子どもたちに片付けや手洗いうがいのお話しをできると良いですが、保育園看護師は1人しかいないので、そのような時間が取れない場合もあります。

そういった時は、担任から子どもたちへ必要なことを伝えてもらいましょう。

また、職員の衛生意識を高めることも看護師の仕事です。

感染症が流行し始める前に、このような必要な情報を予め伝えておくと良いでしょう。

  • 流行感染症の主症状
  • 流行感染症の感染経路
  • 流行感染症の予防方法
  • 登園許可証の有無

また、忙しさのあまり保育室が不衛生になっている園もあるようです。

もしそういった保育室の状態になっていれば、看護師としてきちんと指導しましょう。

職員検診の日程調整・結果へのアドバイス

職員の健康診断の申し込みも看護師が行う場合があります。

職員がそれぞれ検診センターへ行く場合もありますが、規模が大きい保育園だと検診車を呼んで職員検診を実施するところもあるようです。

毎年同じ時期に実施するようになっていると思うので、忘れないように検診の予約を行いましょう。

また、検診の結果で相談を受けることもしばしばあります。

結果に異常がみられるからといって、本人が結果をみる前に看護師から声をかけると余計に心配させてしまうため必要ないと思います。

しかし、不安な結果が出たら、「まずは保育園の医療職種である看護師に相談してみよう」と思う職員は多いです。

そのため、結果は事前に確認しておき、いつでも相談にのれるようにしておきましょう。

職員への心肺蘇生やアレルギーについての指導・助言

心肺蘇生やアレルギーの対応など、保育士でも知っていなければならない応急処置はたくさんあります。

しかし、ただ知識があるだけでは、実際に子どもが危険な状態になったときに対応することはできません。

職員全員で、以下のようなことを確認しておきましょう。

  • 応急処置の実施
  • 救急要請
  • 他園児の誘導
  • 保護者への連絡

以上の事項など、誰がどう動けば良いのか平時から訓練しておくことが大切です。

特に、新入園児を迎える時期やプールの時期には、思いもよらない事故があるので、その前に職員全体で研修などを行っておきましょう。

まとめ

  • 子どもたち・職員の健康管理
  • 身体測定の実施や保護者への説明、乳児検診・内科検診の日程調整
  • 保育環境の衛生を保持・指導
  • 職員検診の日程調整・結果へのアドバイス
  • 職員への心肺蘇生やアレルギーについての指導・助言

保育園看護師の仕事になんとなくイメージがついてきたでしょうか?

この他にも、保育園によって看護師が担っている業務は違うと思いますが、今回取り上げた仕事はどの園でも必要なことだと思います。

保育園の看護師は、夜勤が無い分病院の看護師より給料は劣りますが、休日や勤務時間がはっきり決まっていて、残業も少なく、とても働きやすい環境だと思います。

私もマイナビ看護師のエージェントに勧められるまで、保育園の看護師なんて眼中にありませんでしたが、今はここで働けて本当に良かったと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました