整形外科の特徴的な3つのお仕事。PTやOTとのチーム医療を学びたい看護師さんにおすすめ!

目的別病院の探し方
スポンサーリンク

整形外科というと、骨折治療をイメージする人が多いのではないでしょうか?

しかし、整形外科は骨だけでなく、筋肉や神経なども含む「運動器」に関する治療を全般的に行っています。

ちょうど私の先輩に、元整形外科の看護師さんがいたので、どんな仕事内容なのか詳しくお話を聞いてみました。

この記事では、整形外科の看護師の仕事について紹介しています。

スポンサーリンク

整形外科にはどんな患者さんがいるの?

整形外科を細かく専門領域ごとに分けると、以下のようになります。

  • 脊椎・脊髄外科
  • 手外科・肩関節外科
  • 股関節外科・膝関節外科・足外科
  • スポーツ整形外科
  • 人工関節外科
  • 小児整形
  • リウマチ外科
  • 骨・軟部腫瘍外科
  • 骨代謝外来

『外科』という名前から、整形外科の看護は周術期がメインに思われているかもしれません。

確かに、周術期の患者さんは多いですが、それ以外にも回復期、慢性期、終末期、退院されてからと幅広いステージでの看護を行っています。

整形外科をあまりよく知らない看護師さんの中には、「スポーツで怪我をした若い男性が多そう」というイメージを抱いている人もいるようですが、実際は小児から高齢の患者さんまで、幅広い年代の方の看護を行います。

整形外科の看護師の代表的な3つの仕事

固定・牽引の介助

骨折などで整形外科を訪れると、骨を元通りの位置に固定する治療が行われることが基本です。

その際、骨の位置がずれている場合は牽引などで整復してから固定します。

また、手術を行った場合も、病室に戻ってきてから固定や牽引を行います。

  • ギプス固定
  • 弾包固定
  • コルセット
  • 直接牽引
  • 介達牽引

これらの固定、牽引介助は力仕事になるので、腰を痛める看護師も少なくありません。

シーネ固定・包帯固定

「骨折かもしれない!」という時に、さっとシーネや包帯をきれいに巻けるとかっこいいですよね。

MIKI
MIKI

保育園でも、子どもが骨折の疑いがある時に固定して整形外科に行くことがあります。また、事故や災害などいざという時に身につけておきたいスキルでもありますね。

シーネ固定や包帯固定は、整形外科で日常的に行われる手技の一つです。

シーネや包帯固定をする際は、創部が炎症を起こしていないか、創部周辺の皮膚が褥瘡を起こしていないかなどよく観察しましょう。

また、固定による圧迫のために神経障害が起こる場合もあるので、痺れなどの有無も確認が必要です。

手術の送り出し・術後の管理

整形外科には、さまざまなステージの患者さんがいますが、全体的には周術期の患者さんが多く入院しています。

そのため、手術の送り出しから術後の全身管理が日常的に行われます。

1日に複数回手術が行われることがあるため、患者さんの取り間違えには十分な注意が必要です。

  • 本人確認(要ダブルチェック)
  • 手術部位の確認(要ダブルチェック)
  • 術後の必要物品の確認

また、迎え入れの準備をする際も、患者さんに必要な装具や物品はそれぞれ違うので、間違えないように注意しましょう。

術後は、全身・創部の観察と管理がメインになります。

ドレーン管理や、創部の炎症(腫れや痛み)、感染兆候がないかなど、整形外科に限らず外科病棟で働いたことがある看護師さんなら転職してもスキルを生かせると思います。

ADL回復、リハビリテーションの介助

ADL(日常生活動作)の回復は、整形外科の看護師にとってもっとも重要な看護の一つです。

患者さんが1日でも早く元の生活に戻れるように、看護師だけでなく、医師やPT(理学療法士)OT(作業療法士)と連携したチーム医療が行われます。

  • 疼痛の緩和
  • 転倒予防
  • 嚥下訓練
  • 歩行訓練
  • 生活指導(退院指導)

以上のような医療や看護の働きかけによって、ADLの早期回復を目指します。

疼痛の緩和

整形外科は限られた期間の中でリハビリを行い、ADLを回復できるようプランを立てなければいけません。

ただし、痛みが強く、患者さんがリハビリに消極的になってしまうこともしばしばあります。

そのため、まずは疼痛のコントロールを行います。

患者さんの痛みの状態や、鎮痛剤が十分かどうかをアセスメントして、必要あれば医師に伝達します。

また、薬だけに頼らず、体位変換やクーリングなどで患者さんの疼痛が大幅に減ることもあります。

自分のアセスメントや工夫を患者さんの安楽に繋げることができるので、看護師としてのやりがいを感じますよ。

転倒予防

患者さんは、安静時の痛みが弱まってきたり、ある程度リハビリが進んでくると、「歩くときは看護師を読んでくださいね。」と声をかけていても、ついつい動きたくなってしまうものです。

そういった患者さんの気持ちはとてもよく分かりますが、このような時に転倒のリスクが高まります。

普段から患者さんの動線を考えながら環境を整えたり、無理に動くことで新たに受傷すると患者さんの不利益になることをしっかり説明しておきましょう。

嚥下訓練

頸椎の手術を行った患者さんは、嚥下障害が出る場合があるため、嚥下訓練を行います。

この時、ST(言語聴覚士)と協力して、患者さんの嚥下訓練の方向性を話し合います。

食事の形態(かたさ、食材の大きさ、とろみ等)だけでなく、どのように口の中に食事を運べば食べやすいのかということもよく観察します。

歩行訓練

患者さんは、PTやOTとのリハビリはリハ室で行うことが多いですが、看護師と一緒に病棟の廊下でも歩行のリハビリを行うことがあります。

また、リハ室と病棟との間にある階段で、昇降の訓練をすることもあります。

歩行訓練で使用する歩行器具にも様々な種類があるので、患者さんに適したものを選び、使い方の説明を行います。

生活指導(退院指導)

整形外科の患者さんは、日常生活に戻るにあたって、食事制限や飲水制限があるわけではありません。

しかし、退院後もコルセットや装具の着用が必要だったり、禁忌の体勢がある患者さんもいます。

整形外科は回転が早いので、入院から退院までの期間が短い場合が多いですが、完治して退院しているわけではありません。

退院後も数ヶ月リハビリが継続して必要になる患者さんも少なくないんです。

退院してからも治療やリハビリが継続できるように、入院中にしっかり説明しておきましょう。

まとめ

  • 固定・牽引の介助
  • 手術の送り出し・術後の管理
  • シーネ固定・包帯固定
  • ADL回復、リハビリテーションの介助

この他にも、緊急入院の受け入れ対応などもよくあります。

整形外科は、患者さんの回復する姿が目に見えて分かりやすく、看護師としてとてもやりがいを感じると思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました