未経験者OKって本当に大丈夫?新人看護師が転職する時に知っておきたい未経験者OKの3つの意味

失敗しない新人看護師の転職先選び
スポンサーリンク

私が転職活動をする時に、求人のアピールポイントでチェックしていた項目がいくつかありますが、その中に未経験OK』という項目も含まれていました。

たった2ヶ月で病院を辞めたので、自分でも未経験同様だということを自覚していましたし、「未経験でも大丈夫ですよ!」と求人に書いている職場の方が、面接や就職後に自分が前職を2ヶ月で辞めたことを話やすいかもと思っていました。

しかし、病院、施設、企業が求人票に書いている『未経験OK』の裏には、さまざまな意味が隠れています。

今回は、新人看護師が転職する前に知っておきたい『未経験OK』の3つの意味についてお話します。

スポンサーリンク

求人会社が人集めのために記載を求めたパターン

普通、看護師を採用したいと思った時、技術も経験も未熟な新人看護師を雇うより、即戦力としてバリバリ働いてくれる看護師を採用したいと思いますよね。

そこで、事業者は求人広告を請負った人材会社に対して、「3年以上の経歴がある看護師を5人雇いたい」と希望したとします。

しかし、実際に職場のアピールポイントや立地などを考えると、経験のある看護師がすぐ集まることが難しい場合があります。

そういった時に、人材会社の営業マンはこのような提案をすることがあるそうです。

さすがにこの条件で経験のある看護師がたくさん応募してくるとは思えません。とりあえず『未経験者OK』ということにして、大きなパイの中から良い人材を見極める方が貴院のためかもしれません。

このようなもっともらしい言葉で『未経験者OK』という条件を求人票に載せることを勧め、実際にそのように記載される場合があります。

しかし、事業者側は実際には即戦力が欲しいので、新人看護師がこのような求人に応募すると相手にされない可能性があります。

逆に事業者側も、経験者にとって魅力がない場合、即戦力として使えそうな人材が集まらない可能性があり、雇用側と労働者側はムダな時間を費やし、仲介に入る人材会社だけが美味しい思いをするかもしれません。

離職者が多いためにとりあえずたくさん採用を出したいパターン

毎月誰かが退職するような、いわゆるブラック病院では「10人採用して半年後に2、3人残ってくれればいいや!」というような感覚で、採用を繰り返している場合があります。

面接で転職の理由や前職の仕事内容を質問されなかったり、一人にかける面接時間があまりにも短い場合は「もしかして?」とブラック病院の可能性を疑ってもよいかもしれません。

MIKI
MIKI

さらに面接後、すぐに合格通知が来る場合は要注意です!

採用が甘い・採用が雑という場合は、ますますブラック病院の可能性が高いと言えます。

もしも本当にその職場に転職したいと思っているなら、内定を承諾する前にできる限り職場の情報を集めましょう。

看護業界の中で「あそこは人がすぐ辞める」「あそこで働いても看護師として成長できない」「職場環境がサイアク」など、何かしらの噂になっているかもしれないので、看護学校の同級生やインターネットの口コミなどを利用して情報を集めましょう。

MIKI
MIKI

現在の職場の同僚や先輩から情報収集をすると、あなたの転職を勘ぐられる可能性が高いので注意しましょう!

職場の都合であえて新人を採用したいパターン

優良な求人でも、職場の雰囲気やパワーバランス的に、意図的に新人看護師を採用したい場合には『未経験者OK』と記載されている場合があります。

MIKI
MIKI

私の転職先も、意図的に新人(若い人材)を求めていたそうです。職場環境や既存の看護師によって必要とされる能力が違う場合もあるんですね。

このような職場の内定を勝ち取るためには、職場が求める人材であることを面接や履歴書で十分にアピールする必要があります。

しかし、職場がどんな人材を求めているのかなんて、求人票を見ただけでは分かりませんよね。

そこで味方になってくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントから職場の予備知識をしっかり聞きとろう!

転職エージェントは、求人会社に所属し、あなたの転職のサポートをしてくれる人です。

求人会社というと、最初に説明した理由で少し悪者のように書いてしまいましたが、求職中の看護師がスムーズに転職できるようにさまざまなサービスを用意してくれている会社が多く、初めての転職にはぜひ活用したいサービスです。

転職エージェントは、普段から求人を扱っている病院や施設に出入りしている場合が多く、求人票には載っていない内部の情報を持っている場合があります。

MIKI
MIKI

転職エージェントから事前にたくさん情報を仕入れておきましょう。採用側が『未経験者OK』にしている意図を知っている可能性もあります!

確かに無料のサービスだけあって、転職エージェントの利用にはメリットとデメリットが存在します。

けれど、やっぱり初めての転職を働きながら一人で進めるのはとても大変なんです。

私もはじめは一人で転職活動をしていましたが、結局転職エージェントに相談しました。

転職エージェントに言われることを全て鵜呑みにしてしまうと、自分が満足できない転職をしてしまう可能性はありますが、「本当にそうだろうか?」と一つずつ自分が納得できるか確認して転職を進めていけば、失敗は格段に減ると思いますよ。

まとめ

  • 求人会社が人集めのために記載を求めたパターン
  • 離職者が多いためにとりあえずたくさん採用を出したいパターン
  • 職場の都合であえて新人を採用したいパターン

以上が、求人票に載っている『未経験OK』の3つの意味です。

私も転職活動をしている時には、『未経験OK』という言葉の中にこれだけ多様な意味があることを知りませんでした。

未経験者が転職する際には、ブラック病院に転職してしまうこともあるので、十分気をつけてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました